ドメインが持つSEO効果

ドメインが持つSEO効果とは?の画像

サイトを運営する時には「SEOに効果の高いドメイン」を選ぶことが肝になってきます。サイトを作ったはいいが、多くの人に見られなければそれは意味がありません。ドメインのSEO効果について十分に理解しておきましょう。

ドメインのSEO効果と日本語ドメイン

インターネット利用者増大に伴うサーチエンジンの多用により、SEOの重要性が注目されるようになったことで、日本語ドメインに対して、新たな意義が見出されるようになりました。SEOに有利にするための日本語ドメインの利用方法が期待されるようになったのです。
SEO(サーチエンジン最適化)での努力目標は、検索結果での表示順位を上げることと、表示された検索結果をクリックするCTR(クリック率)を上げることに大きく分類されます。日本語ドメインを用いてサイトを開設し、サーチエンジンに登録した場合、その日本語ドメイン名をキーワードとして検索結果の順位が上がる効果というのはかなり限定的と言えます。ですが、検索に用いられたキーワードがヒットする場合、その一致する日本語は強調表示されますので、CTRに与えるよい影響が期待できます。つまり日本語ドメインの利用は、表示順位ではなくCTRの向上に貢献できるということです。特にユーザーが望んでいるキーワードが含まれている場合は、ユーザーに対してかなりの期待感を提供しているので、検索結果がクリックされる確率は高くなることが予測されます。
実際にSEOを意識して日本語ドメインを選ぶ際は、ユーザーが使用する検索キーワードを想定することになりますが、サイトのコンテンツを短く言い表すキーワードが抽出できて、その上サイトのタイトルと一致するような場合には、日本語ドメインの使用は有力な選択肢となるでしょう。すでにサイトのコンセプトや方向性が決定していて、これからドメイン名の選考に入る場合などは、日本語を使用してCTRの向上を目的にするのも、今後のSEOにおける一つの方向性です。

ドメインの年数はSEOに関係ない?

SEOを決定する因子には様々なものがあります。それらは、一朝一夕に結果を出せるものではなく、年月を必要とします。検索クエリの候補となるキーワードの選定は、SEOを決定づける因子の一つですが、このキーワードをベースにして制作したコンテンツの質もSEOを決定する大きな要素です。また、コンテンツが評価されて発生する被リンクの充実度も、やはり重要な要素と言うことができます。ドメインを育てることは、これらの積み重ねということになりますが、これらの決定因子について、毎年同じ実績を積み上げたのであれば、ドメインの年数が長いほうがSEO的に有利になります。この前提では、ドメインの年数はSEOに非常に関係します。
具体的には、キーワードの選定に関しては、長年実績を積み上げたのであれば、それだけ検索クエリの蓄積があり、流入キーワードについてのノウハウがあるということになります。コンテンツの質に関しても、コンテンツに対するユーザーの反応や評価といったデータが取れるのでノウハウが蓄積されます。被リンクの数も年々蓄積されます。
これらのことを踏まえて、ドメインの運営を考えると、SEO的に何を行っていくのかということが重要になってきます。将来的にドメインの運営年数に応じた結果を得るには日々の積み重ねが必要です。この条件は、サイトの数が増え続ける今日、ますます重要になってきていると言えます。適切なキーワードを選定して、良いコンテンツを長年作り続ければ、結果として被リンクも増加が見込まれます。このような過程を経て年月が経てば、SEO的にも非常に有利になります。ドメインの運営年数がSEO的にも意義のあるものとなるでしょう。

ドメインだけに頼らずサイト自体も質を上げよう

巷では、アフィリエイトや企業サイトを運営する上で、アクセスアップを図ろうとさまざまなテクニック・ツールが公開・販売されています。このサーバーがおすすめ、ワードプレスを使うべき、ドメインは新規か中古か、といったようなテクニカルな面は非常に大事です。しかし、基本的かつ確実なSEO対策をおろそかにしがちなので注意です。特に、運営に慣れてきた脱初心者の頃が一番危険。
その基本的かつ強力な手法とは「サイトの内容を充実させる」ということ。あまりに基本的すぎて、「なんだそんなことか」と思われる方も多いでしょう。しかし、あなたはどれだけユーザー目線に立っていますか?どんな内容の薄い記事でも、100記事あればアクセス数はうなぎのぼり、そんな時代は終わったのです。
いまや検索の主体となるGoogle検索エンジンの特性は、「ユーザーが検索した際に、求める最適解を上位表示する」というシステムになっているのです。つまり、いくら数が充実していようと、ひとつひとつの記事内容が薄ければ全く相手にされません。逆に、ひとつでも万人に有力な記事があれば、ずっと検索結果は上位表示のまま。アクセス数も安泰でしょう。ただし、Googleは更新頻度が落ちるとランキング順位を下げる傾向にあるので、更新はしておいた方が良いですが。
また、サイトビューに関しても見直しが必要です。どんな人がどういう目的で訪れるのか。サイトに人気のあるジャンル・記事は常に見やすい配置となるようサイトデザインをカスタマイズするべきですし、月ごとの更新情報が不要であれば排除しても構いません。いかにユーザー目線に立つか、という点に尽きます。
ユーザビリティを意識したサイトへとブラッシュアップするだけで、アクセス数はガラリと変わります。ぜひ試行錯誤してみましょう。