ドメインが持つSEO効果とは?の画像

サイトを運営する時には「SEOに効果の高いドメイン」を選ぶことが肝になってきます。サイトを作ったはいいが、多くの人に見られなければそれは意味がありません。ドメインのSEO効果について十分に理解しておきましょう。

ドメインの具体例、そのひとつであるjpとは何か?

ドメインとはネット上でそのコンピュータの場所を示す住所です。ネットワークに接続していれば、必ず存在するもので世界中で同じものはありません。ホームページアドレスのhttp://.www.☆☆☆.com、またはメールアドレスの△△△@☆☆☆.comの場合、☆☆☆がドメインに相当します。その種類においては.com、.net、.org、.info、.biz、.nameなどがあり、国籍や業種に関係なく、個人や企業で複数取得することができます。また国や地域に特化したものがあり、.jpとは日本に割り当てられたドメインで、日本国内に在住していれば個人登録もできます。また、属性JPドメインというものもあり具体例を挙げると.co.jp(企業)、.ne.jp(ネットワークサービス)、.ac.jp(大学の教育機関)、.go.jp(政府機関、特殊法人)があります。また国によりそれぞれ独自のものがあり、アメリカでは.us、イギリスでは.uk、中国では.cnです。
ドメインを取得するメリットは多いですが、その一つとしてホームページアドレスに独自のドメインを使うことで短いアドレスを店名や商品名などにも活用でき、宣伝の一部としてセールスプロモーションに応用できます。さらに同じ名前のドメインは存在しないので会社名や商品名に使用することができ、屋号やネーミングに大きな効果を期待することができます。宣伝効果としては、社名と同じ名前のホームページを持つことでそのホームページの信頼感や商品のブランドイメージを高めることができます。一度取得したドメインはプロバイダやサーバを変更してもそのまま使用することができます。アドレスを変更したり検索エンジンなどの再登録も必要ないので、登録を破棄しない限りずっと使用することができるのです。